おとなのためのヘアケアメディア

ヘアアイロンと縮毛矯正を比べて痛みの激しいほうは2つのうちどっち?

ヘアアイロンと縮毛矯正を比べて痛みの激しいほうは2つのうちどっち?

ヘアケア

湿気が多い季節になると、うねりがひどくなりますよね?そこでアイロンを使って、毎朝髪をセットしている人も少なくないでしょう。しかし毎朝アイロンを使うのはよくありません。それなら縮毛矯正を使ったほうがいいですよ。

アイロンを使えば髪が痛むのは確か

毛髪は熱処理により、水分量の低下や引張り強度の低下といったダメージを受けることが確認され、これらがヘアアイロンやコテの利用によって生じる毛髪のパサツキや切れ毛の原因であると考えられた。
ヘアアイロンは、熱の力で髪の毛の形を変えるアイテム。
無理やり形を変えているので、髪の毛に負担がかかっています。
それを毎日続けていると、流石に髪の毛にも限界が来るでしょう。
だから縮毛矯正です。

何度もアイロンを使うなら縮毛矯正のほうが痛みは少ない

縮毛矯正は、アイロンよりダメージが少ないかといえば、そうではありません。
薬剤を使って結合を変えているので、アイロンと同様にダメージはあります。
1剤の軟化(薬液の髪への反応具合)を美容師が見誤ることが一番のダメージ原因になります。
1剤薬液での結合をどのくらい切るか × 熱での結合のつよさ = 仕上がりのストレート感が決まります。
アイロンの熱のダメージと言うよりは薬剤の過剰な反応の結果、後々のダメージとなります。
このようにダメージはあるものの、1回で髪の毛の形が変わります。
つまりアイロンを使わなくてよくなるため、何度もアイロンを使っているのなら、髪の負担が最小限に済むわけです。

毎日アイロンを使っている人は縮毛矯正をしたほうがいい!

アイロンは便利なアイテムですが、毎日使っている人は、美容室で施術を受けに行きましょう。
特にくせ毛で悩んでいるのなら、縮毛矯正をしてもらったほうが髪のためにもいいですよ。

髪が乾燥して広がる場合、アイロンで水分量が極端に少なくなっています。
美容師さんに相談して、適切な施術を提案してもらってくださいね。
15 件
TOP