おとなのためのヘアケアメディア

ヘアアイロンを使っている人へ!失敗した後の対処法と失敗例のまとめ読んで

ヘアアイロンを使っている人へ!失敗した後の対処法と失敗例のまとめ読んで

ヘアスタイル

ヘアアイロンは、髪をセットする際には重宝するアイテムです。しかし使い方を間違えると、髪がたんぱく質で作られているため、大変なことになってしまいます。失敗したくない人も多いでしょうから、対処法もまとめてみました。

ヘアアイロンの失敗①髪を手入れしていないボサボサのまま開始!

クシを使わないでヘアアイロンを使用すると、熱がきちんとあたる所とあたらない所ができて、ムラになってしまいます。

「同じ場所に何回もヘアアイロンを当てないと、ストレートにならない」という方は、髪に負担をかけすぎています。クシでとかしながらアイロンをするだけで、1回でもきれいなストレートになりますので、ぜひ試してみてください。
まずよくあるヘアアイロンの失敗です。
それはボロボロの髪のまま、クシを使わず、適当にアイロンを使うこと。ヘアアイロンは熱で髪を作るため、当たっていないところはまっすぐになりません。

うまく髪がまっすぐにならないので、何度もアイロンを通すことになるでしょう。
そしたら髪がさらにボロボロになってしまいますよ。
できるだけクシを用意して、髪をまっすぐにしてからアイロンを通してくださいね。

ヘアアイロンの失敗②髪が濡れた状態で開始!

濡れた髪の毛にアイロンを当てると、キューティクルという保護がありません。
まともに、アイロンの熱を髪の毛が浴びてしまいます。
水蒸気爆発が起きると、細胞が破壊されます。
髪の毛へのダメージは、計り知れないものだと言えるでしょう。
アイロンを使う前に、シャンプーやトリートメントなど、お風呂の後に使う人も少なくないでしょう。
その際には、必ず髪を完全に乾かしてからアイロンを使ってください。
アイロンは高温になっているので、髪内部に残った水分が蒸発し、その影響で水蒸気爆発を起こしてしまいます。

ヘアアイロンの失敗③高温のまま使っている

を加えると髪内部のタンパク質が固まる「熱変性」という現象が起こります。
卵やお肉のように、タンパク質は一度固まったら元に戻りません。熱変性が始まると、髪の毛は硬くパサパサになってしまうので、アイロンはできるだけ低温でスタイリングする必要があるのです。
温度の設定にも注意したほうが無難です。
140度が良いとされているので、髪の状態で上下させましょう。
しかし160度以上にすると、髪の負担が大きくて、パサつきの原因になってしまいます。
毎日ヘアアイロンを使う人ほど、温度は低めに設定してあげてください。

ヘアアイロンで失敗したら水で濡らしてからやり直すのが鉄則!

高温になっているアイロンを何度も髪に通すことは絶対にダメージにつながるためとても危険です。まず一度濡らして髪をリセットしてから巻き直してあげましょう。
ヘアアイロンを使っていれば、誰でも1度は失敗します。
その時に焦って、何度も髪を通してしまわないように注意してください。
髪を濡らして、その後に乾かし、それからもう1度アイロンを使ってあげてくださいね。
20 件
TOP